ナンパに向いているファッションブランド8選[着ればスト値が上がるはず]

こんにちは、アシカガです。

今回はファッションについてです。

突然ですが、ナンパする際においてどのようなファッションが一番向いているのでしょうか?

特定のファッションが好きな層を狙うというのでなければ、「シンプル・清潔感・派手過ぎない」コーデ。

いわゆる“キレイめカジュアル”こそが最適解だと私は思います。

キレイめカジュアルなコーデは、ユニクロなどのカジュアルブランドでも可能です。

しかし、価格の高いブランドアイテムは作りや着た時の自信、シルエット等、数千円の服と雲泥の差があると断言します。

実際自分も価格の高い服を身に着けるようになってから、その作りの丁寧さや質、湧き出る自信の差に驚かされた人間の一人です。

今回はそんなブランドの中でも、キレイめカジュアルに向いたものを8つ紹介したいと思います。

原価率最強のUNITED TOKYO

UNITED TOKYOの特徴は服の原価率が数あるブランドの中で最もいいことです。

つまり、素材や作りにかけるコストに対して価格がとても安い、”コスパ最強ブランド”になります。

国産素材を多用し、「いいものをいい価格で」を体現しています。

デザインや作りも無地系で清潔感あるものがほとんど。

迷ったらここの服で全身コーディネートすれば、まず間違いはないでしょう。

主な店舗 新宿ルミネ、池袋パルコ、横浜ルミネ、川崎店、etc…
平均価格 Tシャツ:3000円~6000円 シャツ:7000円~13000円 パンツ:10000円~15000円

UNITED TOKYO公式onlineストア

デニムはここ!ヌーディージーンズ

名前の通りジーンズ特化のブランドです。

ここのジーンズはびっくりするくらいシルエットがキレイ!

型が10種類以上あり、どんな人でも必ず一本は脚の形にフィットするものがあるはずです。

個人的にお勧めな型は“リーンディーン”

ひざ下からくるぶしにかけてテーパード(絞り)が入っており、脚のラインが非常にきれいになります。

スニーカーともブーツとも相性〇

足元が変わると、同じトップスでも印象が一気に変わるので、ぜひ一度試着してみてください!

主な店舗 新宿ルミネ、伊勢丹メンズ館、etc…
平均価格 20000円~35000円

ヌーディージーンズ公式onlineストア

高品質なニット、トゥモローランド

レディース色が強いブランド。

もともとニットの専門店から始まったお店なだけあって、ニットの品質は本当に高いです。

秋冬に役立つのはもちろん、Tシャツを着がちな春夏も、サマーニットを着ると途端にコーデが上品になるためおススメです。

主な店舗 都内多数
平均価格 ニット:10000円~25000円

トゥモローランド公式onlineストア

男らしいアイテム満載、ジョンローレンスサリバン

海外ブランドみたいな名前ですが、れっきとした国内ブランドです。

元ボクサーが立ち上げたブランドで、男らしさありつつも上品さを両立させたデザインのアイテムが多いです。

テーラードジャケットで有名なブランドですが、Tシャツや他のアイテムも作りが手が込んでいます。

一度来てみるとその上質さとかっこよさに魅了される人が多いでしょう。(僕もその一人でした、、、)

価格も張りますが、ぜひ一着手にしてほしいブランドです。

主な店舗 代官山本店、伊勢丹メンズ館、STUDIOUS等のセレクトショップ、etc…
平均価格 Tシャツ:10000円~20000円 シャツ:30000円前後 パンツ:25000円~35000円

ジョンローレンスサリバン公式onlineストア

丁寧な作りと上質さを持つ、attachment

attachmentの特徴は、ベーシックな色(黒、ネイビー、白等)を基調にしたやや武骨ともいえるデザインです。

シルエットが奇抜なアイテムは少なく、シンプル系の服が多いですが、素材や作りにこだわりをもって作られています。

シンプルだからコーデのなじみがよく、上質さもきっちり兼ね備えている上、価格も張りすぎることないため非常にお勧め。

アウターからシャツ、パンツ等どれもattachmentらしいシックな上品さが感じられます。

(個人的にここはめっちゃ好きです笑)

主な店舗 代官山本店、伊勢丹メンズ館、STUDIOUS等のセレクトショップ、etc…
平均価格 Tシャツ:10000円前後 シャツ:20000円~25000円 パンツ:20000円~30000円

attachment公式onlineストア

モード感や上級者コーデには、LAD MUSICIAN

ブランドコンセプトに「音楽と洋服の融合」を掲げ、音楽という無形のものを洋服という有形に落とし込むという、独自の世界観を持つブランドです。

色は黒と白を基調に、シルエットやデザインはミュージシャンの感性と言わんばかりに奇抜だったり、他では見れないようなものばかり。

トップスやボトムスは少し扱いにくいけど、ここのブーツはお勧め。

身長盛れる上、足元から一気に上品さと気品をもたらしてくれます。

おしゃれに自信ある人はここのトップスやスラックス等でもコーデしてみるといいかも。

主な店舗 新宿店、渋谷店、原宿店
平均価格 Tシャツ:10000円~15000円 靴:20000円~45000円

LAD MUSICIAN公式onlineストア

革靴の王道、ドクターマーチン

今やおしゃれな人が一足はもってる靴ブランドと言えばここでしょう。

ドクターマーチンの特徴は作りもさることながら、底の黄色いステッチが目を引きます。

遠目からでも、「あ、マーチンだ!」とわかるくらい、他のブランドが判別しづらい革靴やブーツと差別化できちゃいます。

「おしゃれな靴=マーチン」みたいな方程式が今や成立してる上、実際黒い革靴はコーデにもなじみやすく、キレイめファッションを演出できるので、持っていて損はない靴。

主な店舗 ABCマートに大体ある
平均価格 20000円~40000円

どんなコーデにも合う、白スニーカー

季節を問わずどんなコーデにもなじむ靴と言えば、ずばり白スニーカーでしょう!

確かに靴単体で見ると黒革靴とかブーツとかの方がかっこいいんですが、コーデにしたときの足元の清潔感や印象付けでは、白スニーカーに軍配が上がるでしょう。

おすすめはアディダスのスタンスミスやナイキのエアフォース等、ブランドロゴが目だったりアイテムとしてわかりやすいもの。

女の子でもスタンスミスとか履いている子は街中でよく見かけますね。

マーチン同様、白スニーカーもおしゃれな人が一足は持ってるものなので、買っておいて損はないアイテムです。

主な店舗 ABCマートに行けばまずある
平均価格 adidasスタンスミス:10000円~15000円

まとめ

というわけで、おすすめするブランド8つの紹介でした。

もちろん安易に買える価格ではないし、ユニクロやzara等でも十分に締まったコーデは可能です。

ただハイブランドにはファストファッションにはマネできない繊細な作りや、着てみないとわからない魅力があるのも事実です。

もしブランド服に少しでも興味があったり、これから手を出してみたいという方はぜひ参考にしてみてください。

また服だけでなく小物も大事なポイントです。

おすすめ小物ブランド紹介記事もありますのでぜひそちらも!

こんにちは、アシカガです。 今回は"CLAUSTRUM(クラウストルム)"という小物ブランドをご紹介しようと思います。 アクセサ...

ではでは(´・ω・`)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク