メンズメイクガチ勢がおススメのBBクリームを紹介していきます

こんにちは、アシカガです。

今回はメンズメイクの中でも、顔の肌に塗るBBクリームや下地に特化した解説をしようと思います。

雰囲気イケメンと呼ばれる男性の必須事項の一つが、肌がとてもきれいなこと。

日々のスキンケアはもちろん大事ですが、加えてメイクなどで肌をよりきれいに見せると周りとより差別化できます。

いまはメンズメイクも当たり前になってきている時代です。

そしてメイクの中でもバレにくい肌メイクは、初心者にもお勧めしたい分野です。

そこで今回は、僕が使ってきたメンズメイク用品の中からBBクリーム・下地系をレビューしようと思います。

最近はメンズ専用のBBクリームができたり、多種多様なメイクアイテムが売られています。

これからメンズメイクを始めようと思っていたり、男性でも使えるBBクリームを探している方の参考になれば幸いです。

以下から解説になります。

ポールアンドジョー

ポールアンドジョーの”ラトゥーエクラファンデーションプライマーN #01“という化粧下地です。

プライマーとは化粧下地のことを意味しておりますが、通常のものよりも毛穴やくすみカバー力が強く、見られたくない個所を隠す効果も期待できます。

早速の使用感ですが、今回紹介するメンズメイクアイテムの中では、一番白く明るい肌に仕上がってくれます。

いわゆる韓流スターのような色白で透き通った、まるで王子様のような肌が完成します。

また香りも非常に良い上に、伸びも悪くなく使い勝手にも優れています。

他のBBクリーム等と比べてカバー力はそこまで強くはないものの、軽い毛穴やくすみ程度なら問題なく隠せます。

韓国風メンズメイクや中性的な雰囲気に仕上げたい人にはお勧めしたいアイテムです。

エスティローダ

エスティローダー ダブルウェアステイインプレイスメークアップSPF10 30mL 17 ボーン と、やたら名前が長い商品ですが、これも非常に使い勝手がいいです。

使用感は、伸びが非常によくて使いやすく、メンズの肌トラブルへのカバー力も高めです。

仕上がりとしてはポールアンドジョーが中性的な色白なら、エスティローダーは健康的なナチュラル肌に仕上げてくれます。

顔の雰囲気問わず、誰が使っても健康的で良い感じの肌になれるのがこの商品のいいところです。

NULL

こちらはNULL メンズBBクリームといい、NULLというメンズ美容ブランドから販売されているBBクリームです。

メンズメイク用とだけあって、使用感や色味は女性向けの物と少々異なる感じでした。

特徴はカバー力が非常に強く、ニキビや青髭隠しにとても使え、コンシーラーのような機能をもっています。

加えて日焼け止め効果や崩れにくさ・もちの良さ等も兼ね備え、万能に使えるBBクリームです。

また楽天ランキングのBBクリーム類の中で1位の売り上げをもつとのことです。

色味は少々濃い目なので、後述する”舞妓はん”のような白くて軽めなBBクリームとの併用をお勧めします。

またこのNULLに関して特化して解説した記事もあるのでぜひそちらも参考に!

こんにちは、アシカガです。 今回はNULLというメンズ専用BBクリームについて、使った感想や使用感を書こうと思います。 ...

モイストラボ

こちらのモイストラボ BBエッセンスクリーム ナチュラルオークルはとにかく安く、紹介する中ではコスパ最強のBBクリームです。

値段は安いもののカバー力が非常に高めで、結構優秀なBBクリームです。

メンズメイクにおいて重要なカバー力に関しては、値段以上のクオリティだと言えるでしょう。

弱点としてはかなり油分が多めで、これ単体でしあげるとどこか重い感じの肌・何か塗ってる感のある肌になりがちです。

後述する”舞妓はん”のような白くて軽めなBBクリームや下地との併用をお勧めします。

舞妓はん

こちら舞妓はん01 桜色(ピンクベージュ) はとにかく白くて伸びがよく、軽めな化粧下地です。

これ単体ではカバー力などがあまり期待できないので、前述したヌルやモイストと混ぜて僕は使っています。

混ぜる比率は健康的なナチュラル肌にしたいなら舞妓はんは少なめ、中性的な色白肌・韓流っぽいアンニュイな感じなら舞妓はん多めがいいでしょう。

メンズメイクで中性感や韓流っぽさを出すなら持っておきたいアイテム。

セザンヌ

セザンヌ 皮脂テカリ防止下地、こちらは水分が非常に多めで、クリームというよりは肌の化粧ダメージを防ぐことに重きを置いた液体下地です。

そのためこれ単体ではカバー力があまり期待できないことに注意しましょう。

くすみなどのカバーを期待したり、より肌をきれいに見せたいなら、ファンデーションなどを乗せる必要があります。

ただテカリ防止効果が含まれており、夏場等は非常に役立つ上、パウダーファンデーション等のノリも良くなるので、もっておいて損はないアイテムです。

無印 カラーコントロール

無印良品 UVベースコントロールカラー・ブルー、こちらはカラーコントロールといい、色味の調節を行うアイテムです。

僕が使っているのはブルー系のカラーコントロール(他にもイエローやパープルなどある)で、仕上がりとしては中性的な色白肌に近づけられます。

使うときは単体ではなく、先ほどのセザンヌの皮脂テカリ防止下地と混ぜてます。

いわゆるブルべ夏・冬系のアンニュイな雰囲気の顔に近づけたい人にはお勧め。

(男性でブルべとかイエベとか言葉わかる人少ないかも、、、)

ちなみに女性の特徴を指摘する時に、全体的にブルべ夏だよねーとかイエベ秋だよねーとか言えると、知識あるね!と誉められますよ。

こちらをぜひ参考に。

複数のメイクを組み合わせて使う

BBクリームや下地類は、単体で使うのもありですが組み合わせたり、混ぜて使うとお互いのいいとこを引き出せて使えたりします。

下記からは3パターンほど、僕のおススメ肌メイク組み合わせを紹介します。

①ポールアンドジョー+エスティローダー

僕のお気に入りの組み合わせで、今一番使っている組み合わせがこちら。

まずポールアンドジョーの下地で色白さを引き出しつつ、上からエスティローダをのせています。

ポールアンドジョーの下地がとにかく優秀で、上から別のクリームやファンデーションなどをのせても、下からしっかり白さやキレイさを引き出してくれます。

カバー力を補うと同時に化粧っ気をなくす意味で、エスティローダを僕はのせています。

これがとにかく女子受けよく、「肌めっちゃキレイ」「韓国っぽい!」と言われることが増えました。

②NULLorモイストラボ+舞妓はん

こちらはコスパ重視な組み合わせ。

ヌルかモイストラボのBBクリームに対して、舞妓はんを混ぜて使うやり方です。

カバー力もきれいさもバランスよく引き出すことができます。

色味の調節がしやすいので、自分に合う肌メイクがわからない方もまずはこの組み合わせから試してみてはいかがでしょうか。

③セザンヌ+カラーコントロール(+ファンデーション)

セザンヌの皮脂テカリ防止下地に、無印のカラーコントロールを混ぜます。

するとブルー系のきれいな白さを持つ下地液を作ることができます。

これだけではカバー力が少ないため、別にパウダー系のファンデーションをのせることが多いですが、ノリも良くなるのでおススメです。

ファンデーション解説はまだ別記事で。

まとめ

というわけで、メンズメイクにおけるBBクリーム・下地系の解説でした。

メンズメイクの中でも肌メイクは初心者でも簡単で取り組みやすく、その効果も大きいので試していただきたいメイクの一つです。

紹介では詳しく色味まで記載してありますが、何かわからないことや質問等ありましたらコメントや僕のTwitterまでお気軽にご質問ください。

またBBクリームを勉強したらさらにワンランク上の肌を作るべく、ファンデーションを使うとよりきれいな肌になれます。

こんにちは、アシカガです。 前回メンズメイクにおけるBBや下地系アイテムのレビュー記事を書きました。 今回はそれ...

また僕のメンズメイクのフル解説記事もあるのでぜひそちらも!

こんにちは、アシカガです。 界隈で最近スト値上げが重要視される中、僕も筋トレやファッション、食事や睡眠、その他もろもろ気を使ってきまし...

ではでは(´∀`)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク