大学生におススメの出会いスポット8選~一瞬で彼女ができるかも!?~

こんにちは、アシカガです。

今回は大学生の出会いの場について解説します。

理系で周りに女子が少ないという男子諸君。

女子大で男との出会いがないと嘆く女子諸君は必見です。

また今回は、出会ってすぐに恋人関係になれるような、進展スピードの速い出会い方を厳選しました。

ですので、恋人関係に発展するスピードが比較的ゆっくりな、“同じ授業やゼミ”、”学内サークル”、”バイト”等は除いてあります。

では下記から解説していきます。

インカレ

まずは学校関係なく入れる、インカレが非常におススメです。

大小様々なインカレがありますが、できる限り人数の多いインカレをお勧めします。

小規模だとどうしてもつながりや、他の目が厳しい場合が多いのですが、大規模ならば誰が恋愛しようが日常茶飯事なので、気にされることはほとんどありません。

またインカレ自体も、幹部以外のほとんどのメンバーはとりあえず所属しているというパターンが結構あります。

ですのでいくつかのインカレに適当に所属して大規模なイベントだけ参加する、を繰り返せば非常に多くの出会いを創出できます。

またインカレに入る学生自体も、学外での出会い目当ての人が多く、恋愛関係に発展するスピードが早いというメリットもあります。

かかる費用:ほぼなし
難易度:非常に簡単
補足事項:大学生同士と出会うなら、インカレがダントツでいい

リクラブ

次は就活関係で出会った子と付き合うリクラブです。

サマーインターン、合同説明会、同じ面接の帰り等、就活期間中もたくさんの出会いチャンスがあります。

話題もお互いの就活の調子や、業界に関して等いくらでもあります。

また精神的に不安定な時期でもあることから、男女どちらも恋人のような存在を求めたくなる時期でもあります。

チャンスと思ったら、思い切って声をかけてみましょう!

また男子向けの記事ですが、就活ナンパでの声の掛け方についての記事があるのでぜひ参考に。

こんにちはアシカガです。 今回は就活×ナンパについて。 実はアシカガがナンパを始めたきっかけの一つが就活だったんです。 た...
かかる費用:ほぼなし
難易度:普通
補足事項:高学歴は有利かも?

学祭

学祭も出会いの定番の一つです。

普段は学科やサークルが違ったせいで、話す機会がなかった人と出会うことができます。

友達の出し物を見に行くついでに、好みの人がいたら紹介してもらうのもいいでしょう。

また知り合いが他校にいるならば、そちらの学祭にも行ってみましょう。

上手くいけば他校の子とも仲良くなれるチャンスがあります。

ちなみに最近は学園祭でのナンパも流行ってきているので、自信がある男子は思いきってトライしてみては?

かかる費用:ほぼなし
難易度:普通
補足事項:有名大学にはかわいい子やイケメンが多く来るかも

バー

大学生と言ったらお酒です。

友人同士だけで飲むのもいいですが、都心のバーに足を運んでみてはいかがでしょう。

出会いスポットとして有名なのは、新宿・渋谷の”HUB”と”パブリックスタンド”、銀座の”300BAR”の3店舗

いずれもカジュアルなバーで、多くの男女が訪れることからも、毎晩多くの出会いが発生します。

男性は自分から話しかける勇気とコミュ力がいりますが、性は待っていれば続々と男性からアプローチが飛んでくることでしょう。

男女比率も常に男性の方が上回るため、女子からすれば選び放題な環境でもあります。

かかる費用:1500円未満
難易度:男性⇒やや難しい 女性⇒簡単
補足事項:飲みすぎ、飲ませ過ぎはダメよ

クラブ

深夜のイベントクラブ。

薄暗いフロアに音楽が鳴り響く中での出会いってなんかいいですね。

クラブの営業時間は深夜~明け方なことが多いのですが、時間に融通のきく大学生にはちょうど良いのではないでしょうか?

クラブには音楽を聴きに来ただけというガチ勢もいますが、8割近くのお客さんは出会いを期待して来ています。

ここもバーと同様に男性比率が高いため、女子には数多くのアプローチがくるでしょう。

都内ならば数多くのクラブが存在しており、それぞれ違った雰囲気があるので回ってみるのもいいかもしれません。

ちなみに男性はやや入場料高めです。

かかる費用:男性⇒2000円~4000円 女性⇒1000円~2000円
難易度:男性⇒難しい 女性⇒簡単
補足事項:クラブ=怖いってイメージあるかもしれないけど意外とそうでもないよ(‘ω’)

街コン

最近浸透しつつある街コン。

こちらはお互い出会い目的で参加しているので、意気投合すればその後の展開もスムーズに進みます。

また大学生限定の街コン、通称学生コンまであるようです。

こちらは男女比率が運営の方でうまく調整されており、どの男性でも満遍なく女性と話せることができます。

デメリットとしては、少々参加費が男性は高くついてしまうことがあります。

かかる費用:男性⇒5000円以上 女性⇒2000円~4000円
難易度:簡単
補足事項:お金のない男子大学生にとっては費用がネックになるかも、、、

合コン

古くから大学生の出会いツールであった合コン。

こちらも目的が男女で共通しているので、出会ってからの展開は早いです。

デメリットは、日程調整やメンバー集めなどが少々面倒なことでしょうか。

かかる費用:3000円~4500円
難易度:普通
補足事項:準備が少々面倒

最近では、合コンセッティング代行サービスなんてのもあるようです。

店選びや細かい調整等の幹事役を全てやってくれるとか。

合コンする相手がいなくて困ってるという方は利用してみてはいかがでしょう?

メールで登録するだけなら無料なので、どんな人が登録しているか見てみるのもいいのではないでしょうか?

「おみコン」お見合い×合コンの1人対1人のセッティングサービス[コンパde恋ぷらん]

マッチングアプリ

今では主要な出会いの一つになった、マッチングアプリです。

昔は出会い系=怪しい、みたいなイメージがありましたが、周りでもマッチングアプリで出会って付き合ったり、仲良くなったという人が結構います。

僕も一時期やっていましたが、結構かわいい子達とマッチングして実際に会うこともできました。

こちらもお互い出会いを求めているから話が早いのがいいですね。

費用も一回の飲み会分程度だし、街コンよりもはるかに安く、コストパフォーマンスのいい出会い方法だと思います。

かかる費用:男性⇒1500円~3000円/月 女性⇒無料~2000円/月
難易度:簡単
補足事項:これからマッチングアプリ利用者は男女ともにどんどん増えてくるはず

また、最近おススメのマッチングアプリをTwitterで聞いた際に、にしのーさんというマッチングアプリに精通した方からWITHを勧められました。

WITHの特徴としては、メンタリストDAIGOさんの監修ということで、相性のいい相手を自動で上位表示してくれるものらしいです。

僕も試しに無料会員登録してみました。

このように、無料会員の状態でも相手の写真を見れたりいいねをつけられる他、逆にいいねをもらうこともできるようです。

無料会員状態でも色々できるので、まずは気軽に登録してみてはいかがでしょう?



運命より、確実。
恋愛婚活「with」

まとめ

というわけで大学生必見の出会いスポット紹介でした。

このうちいくつかに手を出せば、間違いなく半年以内には恋人ができるはずです!

また今回紹介したのはいずれも身近なコミュニティでの出会いではない分、恋愛関係へとなるのが早くなれるものばかりです。

うまく行けば出会ったその日や、数日以内に付き合えることも可能です。

ですが出会いを作る前に、そもそも自分に魅力がなかったら徒労に終わります。

そのため、このブログでは男性向けばかりですが、様々な自分磨きのノウハウを掲載しているので、そちらを読み込んで実践してから出会いの場に飛び込むのもありでしょう。

こんにちは、アシカガです。 今回は非モテだった僕が生まれ変わるために、これまでやってきてかつ今でもやっているスト値上げを、全てご紹介し...
こんにちは、アシカガです。 今回はスト値上げに役立つお店の紹介です。 スト値上げにも色々な手段がありますが、手っ取り早く...

みなさんの充実した恋愛生活を祈っております!

もし面白かったり参考になったらシェアの方何卒よろしくお願いします!

またコメントや僕のTwitterのフォローも待ってます。

ではでは(´∀`)。

関連記事↓↓

こんにちは、アシカガです。 突然ですが、僕は4年間陰キャを極めたような大学生活を送っていました。(事実22歳までDTだったので...

ナンパ系記事一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク